効率化とは何か

この記事をシェアする

日本ならではの働き方

労働生産性が低い理由として、日本ならではの働き方が重要視されます。
具体的には、労働時間が長いことです。これは、仕事の量が多いから残業をしなければならないという訳ではなく、周りの皆が残業しているから、残業をしなければならないという形となっているからだと考えられます。
こういう雰囲気が社内にあると、定時までにすべてを終わらせるための工夫をせず、意識が低いままで過ごしてしまうため、生産性がより低くなります。
社員1人1人が、残業をせずに定時までに終わらせるべき内容について、目標を決めて意識高く取り組むことが大切になります。
また、日本人はチームで働くことが多いため、互いにフォローすることで生産性を高める傾向です。一方で、チームで働くことは、自分自身の業務に集中する時間を作ることが難しいので、生産性を必ずしも高めるとは言えないでしょう。

人事評価制度

多くの日本の企業は、時間給や日給など、時間あたりで給料を算出しています。
また、昇給やボーナスについては社員の勤続年数が重要視されることが多いです。
勤続年数で、給料が上がるという仕組みは、社員の意識としては効率よく働こうという意識にはなりにくいと考えます。
結果を出しても、ボーナスが増えないのであれば、効率よく結果を出そうという意識は持ちにくいですよね。
時間で給料が算出されるのであれば、あえて時間外労働をすることで給料を稼ごうと考える方もいらっしゃるかと思います。長く、忙しく働くことがえらい人という考え方が日本人の中では浸透している気がしますね。これは、働くことがアピールの要素である日本の悪い風習だと思います。生産性が低下する主な原因の1つです。